建築を知らないから言えることや、日々起きる身の回り出来事を面白、おかしく発信


by minoru_masuda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ダイビング( 9 )

永遠の楽園エルニド Part1

ブログの更新をやめている間に
東シナ海にある永遠の楽園と銘打つ
エルニドに行ってきた

マニラから16人乗りのプロペラ機で
1時間ちょっと
操縦席と客席の仕切りはカーテンのみ
途中パイロットの一人が居眠りを
(勘弁してくれよ~)
そんなパイロットに不安を抱きつつ
なす術のない私たちは
耳をつんざくようなエンジンの音と
絶え間なく続く振動に耐えるのみ

やっと目的地が見え
海岸線から垂直に伸びる滑走路に向かい
ゆっくりと降下を開始
(おおおおっ!海に突っ込みそう!)
脈拍が最高潮に
タッチダウン

安堵の深呼吸をすると同時に
窓から外を眺めると
滑走路が砂利
(とまれるのかよ~)

心臓の鼓動が自分でもわかる
c0064442_15441087.jpg記憶のあるお経やら
知っている神様の名前を連呼
キリストや最後はアラーにまで

そんなことが功を奏したは別にして
スピードが落ち
タキシングへと
(ターミナルビルは何処?)
そんなものありません

↓↓一日1回、みなさんの健康のためにクリックを↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログへ

↓↓怖い思いをした部長サンが働いている会社↓↓
http://www.taiyo-house.co.jp/

↓↓建築部はこちら↓↓
http://www.taiyohouse.com/
[PR]
by minoru_masuda | 2007-10-25 15:39 | ダイビング
今回のダイビングでもっとも綺麗だったのが
イーストラクターの女性c0064442_16333392.jpg
(魚じゃないんです、すみませ~ん)
金髪の美女
(残念ながら、人妻でした)
出身はベラルーシ
(何処だ、そこ!)
ロシアとポーランドの間
海のない国
そんな人が日本人と結婚して
(うらやまし~い)
サイパンでインストラクターをやっている
驚きと言うか、世界も狭くなったなぁ
なんて考えちゃいました

↓↓ブログランキングにご協力をお願いします。↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログへ

↓↓ダイビングが止められない部長サンが働いている会社↓↓
http://www.taiyo-house.co.jp/

↓↓必見!日々進行する建築現場を現場監督が分かりやすく説明↓↓
http://blog.livedoor.jp/taiyokenchiku/
[PR]
by minoru_masuda | 2006-07-24 16:36 | ダイビング
ダイビングでインストラクターが必ず見せたがる魚c0064442_11554330.jpg
それはいったいなんでしょう~?
なんてクイズがあるとなんて答えるでしょう
ほとんどの人が正解するはず
答えはクマノミ
「ファイティングニモ」の映画以降その傾向が特に
可愛らしいのとイソギンチャクを守るけなげな姿
当然かもネェ
通称クマノミまたの名をアネモネフィッシュ
今回は2種類発見c0064442_11565796.jpg
どちらかと言うとアネモネフィッシュかなぁ
私には違いがはっきりわかりません
上がオレンジフィンアネモネフィッシュ
下がダスキーアネモネフィッシュ

さて、海外で潜るといつも思うのが魚の名前の違い
日本語でクマノミ、英語ではクラウンフィッシュ
面倒なので世界的に統一して欲しいよネェ

↓↓ブログランキングにご協力をお願いします。↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログへ

↓↓ダイビングが止められない部長サンが働いている会社↓↓
http://www.taiyo-house.co.jp/

↓↓必見!日々進行する建築現場を現場監督が分かりやすく説明↓↓
http://blog.livedoor.jp/taiyokenchiku/
[PR]
by minoru_masuda | 2006-07-21 11:59 | ダイビング
今回のダイビングは2ダイブ
c0064442_1412315.jpg午前中は雨が降っていたので、午後から
島の西側のアイスクリームと言うポイントへ
大きな珊瑚の丘を下からスパイラル状に潜行
南洋のカラフルな魚たちがお出迎え
しばらくすると2メートルほどの
マダラマキエイの群れが
ビデオモードで撮影
まるで飛んでいるようにゆうゆうと泳いでいる
(スゲェ~感動もの!)
下から見るとコンコルドかスペースシャトル
c0064442_14125280.jpg(これだからダイビング止められないよなぁ!)

↓↓ブログランキングにご協力をお願いします。↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログへ

↓↓ダイビングが止められない部長サンが働いている会社↓↓
http://www.taiyo-house.co.jp/

↓↓必見!日々進行する建築現場を現場監督が分かりやすく説明↓↓
http://blog.livedoor.jp/taiyokenchiku/
[PR]
by minoru_masuda | 2006-07-19 14:15 | ダイビング

触った感じは茄子

パラオのコロール島沖の小さな島にある
ドルフィン・パシフィックc0064442_1627428.jpg
ここではイルカと遊べる
いろいろなプログラムが用意されている
私たちが選んだのはシンフォニー
ライフジャケットを着て
イルカと一緒に泳ぐタイプ
水に入るとイルカの方から寄って来る
感動の一瞬
口、背びれ、尾びれ、おなかと触り放題
色といい感触といいまるで茄子でした

ところでイルカとクジラの違い知ってますか?
大きさだけらしいです
でも世界的に統一された基準がなく
日本でも4mを境にしたり5mを境したり
割りといい加減に分けてます

↓↓部長サンが働いている会社↓↓
http://www.taiyo-house.co.jp/

↓↓必見!日々進行する建築現場を現場監督が分かりやすく説明↓↓
http://blog.livedoor.jp/taiyokenchiku/
[PR]
by minoru_masuda | 2006-04-07 16:28 | ダイビング
パラオに行った目的の一つがこれ
水族館の人気者ナポレオンフィッシュ
なんでナポレオンフィッシュなんてc0064442_16454312.jpg
かっこいい名前かと思い調べてみた
おでこの部分が
ナポレオンが帽子を被ったみたいだからだそうだ
私にはフランケンシュタインのように見えるので
フランケンフィッシュの方がお似合いかも
私が見たのは約1m位だけど
大きいものだと2mを超えるものがあるらしい
縄張り意識が強く通常は1尾で行動をしている
人様には友好的で餌付けされているのかもしれないが
私たちを見て寄ってきたところをパチ☆
ブサイクだけど愛嬌があり可愛らしいかったよ

↓↓部長サンが働いている会社↓↓
http://www.taiyo-house.co.jp/

↓↓必見!日々進行する建築現場を現場監督が分かりやすく説明↓↓
http://blog.livedoor.jp/taiyokenchiku/
[PR]
by minoru_masuda | 2006-03-28 16:47 | ダイビング
今回の旅行の目的はもちろんダイビング
そのためポイントが多くあるカープ島に宿泊
島で唯一のコテージ風のリゾート
そこで見かけた30歳前後の夫婦のお話

奥さんは今回のダイブで記念すべき100本を迎えると大はしゃぎ
旦那さんは20数本と初心者
そんな夫婦と一緒にファンダイブに参加
奥さんのはしゃぎように旦那さんも合わせているが
彼の目は全く楽しそうに見えない
そこで夕食後に旦那に聞いてみた
「ダイビングで知り合ったの?」
「彼女がやっていたから始めたんです」
「ダイビングやってて楽しい?」
「そうでもないです」
「海の中だとか魚だとか興味ないの?」
「名前も分からないし、綺麗とも思わない」
「じゃ、何でやってるの?」
「妻に言われてしかたなく」
「ご愁傷様です」

きっとこの夫婦、○●になるでしょう

↓↓部長サンが働いている会社↓↓
http://www.taiyo-house.co.jp/

↓↓必見!日々進行する建築現場を現場監督が分かりやすく説明↓↓
http://blog.livedoor.jp/taiyokenchiku/
[PR]
by minoru_masuda | 2006-03-23 17:39 | ダイビング

おぬし 何者!

これ、何だ!c0064442_159539.jpg
覆面レスラー
宇宙人
それともウルトラセブン

これ、ツバメウオと言う
珊瑚礁海域では良く見られる魚
撮影場所はセブ島
デジカメを防水カバーに入れて撮った写真
実はこれ失敗作
デジカメはシャッターを押してから
実際に撮れるタイムラグがあるので
泳いでる魚を撮るのが難しい
仕方ないので512MBのメモリを入れて
なかには良いのがあると信じ、ただひたすら撮りまくる
でも失敗作の中に笑える写真があるのがまた面白い
次回作をお楽しみに
[PR]
by minoru_masuda | 2005-12-15 15:11 | ダイビング

沖縄でダイビング

台風5号が沖縄方面に向っている中、連休を利用して沖縄にダイビングに行きました
c0064442_15421393.jpg本当は慶良間諸島まで、足を伸ばす予定でしたが、やはり波が高く断念
恩納村の沖合いのポイントで我慢
天気は良かったけど、透明度は15m位、水深も15m位
珍しい物として、卵を守るクマノミを見ることが出来ました(クマノミの下の黒い所)
その他は数種類のクマノミ、オニカサゴ、ダツ、スズメダイ、ウミヘビってところc0064442_15425244.jpg
カメラのフラッシュの具合が悪く、あまり綺麗な写真が撮れませんでした

今回面白かったのはインストラクター
30歳位の男性で、口に時計を咥えながら一生懸命時計を探していました。
ダイビングに行く時、どんな魚が見られるかが一番の楽しみですが
インストラクターがどんな人かも楽しみの一つ

そう言えばテニアンのやる気が全く無い中村さん元気ですか?
[PR]
by minoru_masuda | 2005-07-21 15:45 | ダイビング