建築を知らないから言えることや、日々起きる身の回り出来事を面白、おかしく発信


by minoru_masuda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

あぁ! 50歳


歴史が好きで、10代で読み漁った織田信長の本に必ず出てくるのが、信長が好んで舞った敦盛の一節に「人生五十年、下天の内をくらぶれば夢幻のごとくなり。ひとたび生を受け滅せぬ者のあるべきか・・・」なんて言うのがあり、漠然と50歳になった時の自分を想像していた。

そして20代で読んだ、論語の一節に「子の曰く、吾れ、十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順がう。七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。」なんて言うのがあり、自分の将来を真剣に考えるきっかけとなった。
計画通りになったこと、ならなかったこと、紆余曲折はあったが、周りの人にも助けられてここまで来たような気がする。

そして、とうとう昨日、50歳を迎えてしまった。

若い頃想像していた自分とは、かなり違っているが、思った通りになったこともある。
一番大きいのは業種は違えど、好きなことを仕事にしていること。
100%の権限が与えられて仕事が出来ることは、本当に幸せだと思う。
これは、自分だけの力ではなく、会社が信頼してくれているからこそ。
周りの人達に感謝したい(恥ずかしいので心の中だけで)

思い通りにならなかったことも多々ある。
学生時代、一つだけ苦手な科目があった。英語である。
これが出来ないことが悔しくて、50歳までにはものにするぞと考えていたが、道半ば、現在進行形である。

信長は50歳で死ぬと覚悟を決め、48歳で非業の死を遂げたが、私はこれから。しかし孔子のように、天命を知る領域には入っていない。
50歳を機に定年後の人生設計をして、一つ一つ着実に前進していきたいと考えている。

内緒の話
若い頃、思ったおじさんイメージとは、チビ・デブ・ハゲ・メガネであり、自分だけはならないと思い込んでいた。
しかし今の私は、デブ・ハゲ・メガネの三冠王である。
人生とは、思い通りに行かないものなり。
[PR]
by minoru_masuda | 2005-05-06 17:30 |