建築を知らないから言えることや、日々起きる身の回り出来事を面白、おかしく発信


by minoru_masuda
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

個人情報保護法の施行

昨日より個人情報保護法が施行しました。
当社でも体制を整え、無事にスタートすることができ、胸を撫で下ろしているところです。

大手の会社でもかなりのお金を掛けて、個人情報の流失をなんとか食い止めようとしていますが、依然流失が後を絶たない状況です。
何故そこまでするのかって思うかもしれませんが、もし個人情報が外に漏れたら、莫大な損害になるからです。

例えば1万件の個人情報が漏れたとしましょう。
漏れたと思われる個人情報の人たちへの連絡とお詫びに
10,000人 × 500円(QUOカードなど)+ 80円(郵送代)= 5,800,000円
漏れた個人情報の人たちの10%とが訴えたとして
1,000人 × 15,000円(最低限の損害賠償額) = 15,000,000円
最低でも20,800,000円
その他に対応者の人件費、株価の下落、漏れた個人情報が悪用された場合の損害賠償などが掛かる可能性があります。
また、企業イメージのダウンなどで下手したら、倒産への道を歩むことになります。

だから大手は対策に躍起になっていますが、万全の対策はないようです。
結局は従業員のモラルの問題。
莫大な投資をしてどんなにすばらしいシステムを組んでも、従業員の心はシステム化することができないからです。

中小企業はどうかと言うと、私の感じでは他人事。
先日ガソリンスタンドの顧客伝票が盗まれた記事が新聞に掲載されていましたが、これからこの手の事件が増えていくようです。
中小企業は信頼・信用が命、お客様から見放されたら、即倒産。
中小企業こそが個人情報の取り扱いを真剣に捕える必要があります。

中小企業の皆さん、個人情報保護法を真剣に考えてください。
[PR]
by minoru_masuda | 2005-04-02 11:54 | 会社